三菱UFJニコスMUFGカードGOLDプレステージ ビジネスの審査の口コミ評判

三菱UFJニコスMUFGカードGOLDプレステージ ビジネス審査の方法だけでなく口コミ・評判や審査時間、対象制度、年会費の仕組み、各種保険制度、健康サービス、得点、金利、マイルや還元率、審査の時間、申込スピードなどのメリット・デメリットを解説しています。

住信SBIネット銀行 三菱UFJニコスMUFGカードGOLDプレステージ ビジネスの口コミと評判/審査/申込/対象/年会費/特徴/保険/特典/ポイント/サービス/還元率/キャッシング/金利/返済等

三菱UFJニコス MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスは、原則として業歴3年以上で、2期持続黒字決算の会社または個人会社の方が申込対象!年会費は、VISAとMasterCardどちらか一方{申込|申し込|申込み|申し込み|お申込みの方はカード利用者1名様につき10,000円(税別)、2人目より1名につき2,000円(税別)、VISA、MasterCardの両方{申込|申し込|申込み|申し込み|お申込みの方はカード使用者1名様につき12,000円(税別)、2人目より1名につき4,000円(税別)。旅行等の傷害保険(死亡・後遺障害の場合)は海外と国内とも最大5,000万円、ショッピングガード保険は最高300万円、国内渡航便遅延保険もMAX2万円を補償。グローバルに活躍するビジネスマンを頼もしく応援するゴールドプレステージならではの細部まで丁寧なサービスを利用いただけます。また、クレジットカードにICチップを埋め込むことで、より安全でスピーディなショッピングを可能にしたICチップも適応。WEB7分で申込完了!!


三菱UFJニコスMUFGカードGOLDプレステージ ビジネス審査の方法だけでなく口コミ・評判や審査時間、対象制度、年会費の仕組み、各種保険制度、健康サービス、得点、金利、マイルや還元率、審査の時間、申込スピードなどのメリット・デメリットを解説しています。

三菱UFJニコスMUFGカードGOLDプレステージ ビジネス{の詳細情報

住信SBIネット銀行Mr.カードローン■カード名正式名称
三菱UFJニコスMUFGカードGOLDプレステージ ビジネス


■登録番号
登録番号:関東財務局長(11)第00115号


■発行銘柄
VISA、MasterCard


■カードの特徴
ワールドワイドに活躍するビジネスマンを頼もしくサポートするゴールドプレステージならではの細部まで丁寧なサービスをご利用いただけるカード。原則として業歴3年以上で、2期連続黒字決算の会社または自営業の人が申し込みできる!年会費は、VISA、MasterCardどちらか一方{申込|申し込|申込み|申し込み|お申込みの人はカード使用者1名につき10,000円(税別)、2人目より1名につき2,000円(税別)、VISAとMasterCard両方{申込|申し込|申込み|申し込み|お申込みの人はカード使用者1名につき12,000円(税別)、2人目より1名様につき4,000円(税別)。旅行傷害保険(死亡・後遺症の場合)は海外と国内とも最高5,000万円、ショッピングガード保険は最大300万円、国内渡航便遅延保険も最高2万円を補償。さらに空港ラウンジサービス(国際線利用時のメイン空港ラウンジ限定)や海外・国内の健康・医療サポートサービス、MUFGカードWEBサービスなど、各種サービスを用意しています。


■利用できる方
原則として業歴3年以上で、2期継続黒字決算の会社または自営業の方が申し込み可能!


■年会費
@VISAとMasterCardどちらか一方を{申込|申し込|申込み|申し込み|お申込みの方
・カード使用者1名様につき10,000円(税別)
※2人目より1名につき2,000円(税別)
AVISA、MasterCardの両方を{申込|申し込|申込み|申し込み|お申込みの方
・カード利用者1名につき12,000円(税別)
※2人目より1名様につき4,000円(税別)


■利用可能枠(総枠)
100万円〜300万円以下
※カード使用者の合算枠です。
※お支払方法はショッピング1回払いのみ。


■お支払方法
ショッピング1回払いのみ


■海外旅行傷害保険
・最大5,000万円
※海外旅行中の事故、病気やケガの治療費、携持品の破損、盗難などの損害を広範囲に補償する。


■国内旅行傷害保険
・最高5,000万円
※国内旅行中の事故によるケガの治療費等の傷害を広範囲に補償します。
※国内でのホテルや航空券の支払いを事前にカードでご利用いただくと宿泊中の火災・爆発事故、搭乗中のトラブルなどに適用します。


■ショッピング保険
・年間限界金額300万円
※カードで購入された品物の破損、盗難等の損傷を購入日より90日間補償します。


■国内渡航便遅延保険
・MAX2万円
※旅行中の航空便あるいは航空便に預けた手荷物の遅延等により、ご負担した費用(ホテルなど客室金額や食事料金など)を補償する。
※航空券などの支払を事前にカードで利用いただくことを条件とする。


■専用サービス
・空港ラウンジサービス
※成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港など、国内25空港33ヶ所の主な空港に無料で利用できる専用ラウンジをご用意。
・海外と国内の健康・医療サポートサービス
※健康に関する相談に電話でお答えしているゴールドプレステージ会員専用のサービスです。無料で利用いただけます。


■MUFGカードWEBサービス
Eメールでご請求価額の確定をお知らせし、パソコン・携帯電話で簡単に請求料金・ポイント問合せやさまざまな変更手続等ができるインターネットサービスです。


■おトクなサービス
@ビジネスカードの仕組み
貴社がお届けになった社員の人にそれぞれカードを発行。支払はカードを提示して、売上げ票にサインするだけでOKです。ご利用代金は毎月15日に締切、月末までに貴社宛にご利用明細書をお送りします。支払は翌月10日に貴社の指定口座より自動振替されます。
※売り上げ票の控えはご利用明細書等との照合に必要ですので保管して下さい。
A経理上の特質
・会計処理がスピードアップ
・経費の管理が、より確実
・資金運用の効率化
・経費の支払い先を1本化
・海外ビジネス


■追加可能カード
・ETCカード


■個人情報の開示、訂正、削除等会員の個人情報に関る問い合せ窓口
◆三菱UFJニコス株式会社 ファイナンスコールセンター
〒113-8643 東京都文京区本駒込6-14-23
TEL:0120-254-041


■信用情報機関の名称・住所・問合せ電話番号・ホームページアドレス
◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/


※必ず申込みになるご本人の方が入力ください。入力内容をもとに所定の審査のうえ、入会手続きをします。
※カード発行手続に際し、ご自宅または仕事先に連絡することがあります。
※審査の結果次第では、借り入れたい借入金額から減額の場合もあります。
※年末年始およびゴールデンウイーク等の大型連休は、カード届けまでに時間がかかる場合があります。
※運転免許証または運転経歴証明書の交付がある人は、運転免許証または運転経歴証明書での本人確認が必要になりますので、必ず用意ください。また、運転免許証や運転経歴証明書の交付の有無が確認できない場合、お電話で確認いたしますのでご了承ください。
※当社へ送届けた書類は返付できません。

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローンTOP

 

 

大手にしかない借入診断を有効利用!

住信SBIネット銀行Mr.カードローン独自の審査というものは、実際に申込をして受けてみなければ融資が受けられるのかがわからないものです。
その人の情報から推測はできますが、結局はクレジットカード業者の審査基準によってそれぞれ違うものですから、絶対に審査に落ちない!とは第三者クレジットカード業者以外は誰も断言できません。
カードローンの利用申請をしておいて
「カードはいらない!」という方はいらっしゃらないと思いますが、カードを作れるかどうか、その結果が判明するまでは不安でいっぱいになりますよね。

 そのような不安を解消できるかもしれないサービスがあるのです。
それは、「お試し診断」「お借り入れ診断」と呼ばれる自動仮審査システムです。

 このサービスでは、年収や勤続年数、住居の形態や他社からの借入件数や融資総額などの申込時に申告する項目をインターネットから入力するだけで、コンピューターが自動的に審査の可否を予想してくれることができます。

 自動仮審査システムでは、実際の審査のように信用情報を請求して審査の結果を表示しているわけではありません。
つまり、信用情報に傷をつけることなく、カードが作れるかどうかを信用情報に傷をつけることなく知ることができるのです。なので、借入診断やお試し診断を行っているありとあらゆる会社で診断を何回試してみても、何の問題もありません。
その中で本審査に通過できそうな会社を選んで申込をすれば、お金を借りられる可能性は格段に上がりますよね。

 しかしこれは「お試し」であるので、お試し診断で「融資可能」という結果が出たからといって、確実に保険が使える、というわけではありません。
それでもお試し診断で「融資可能」と出ればショッピングが出来る可能性は格段に上がるでしょうから、使ってみない手はありません。

 このお試し診断をつくるには、多大なコストがかかってしまいます。
なので、仮診断は大手の業者、たとえば大手などの有名クレジットカード会社でしか用意できないサービスと言っても過言ではありません。
「この会社は信頼できる」という判断を下せる材料の1つにもなりますので、このサービスのあるカードローン業者で審査を受ける前には、ぜひ仮審査を使ってみることをおススメします。